母乳育児指導の内容

 出張専門にて自宅に伺い母乳育児指導いたします。さまざまな母乳育児トラブルに対処いたします。

  1. そろそろ卒乳したい
  2. 事情があって断乳したい
  3. 母乳は出るが赤ちやんが吸ってくれない。
  4. 母乳が出ているか、不足しているか、分からない。
  5. 出すぎて困る。
  6. 乳房緊満状態が強く痛い。
  7. 母乳保育したいが母乳が出ない。
  8. 乳頭が痛く吸わせられない。
  9. 乳腺がつまり母乳が出なくなり痛くてたまらない。

急ぎの時は、できるだけ速やかに対応させていただきます。その他の相談の場合は、予約になります。

 右の写真の赤ちゃんは、自宅出産で生まれ出生体重2020g1日目1980gのときの直接母乳保育中です。
3日目2050g1週間で2200gですくすくと育ちました。病院で生まれていたら、保育器に収容され生まれて初めて口にするのはブドウ糖そして直接母乳を吸ってもらえないため母乳の出が悪く哺乳瓶で搾乳された少しの母乳を飲めるだけ。このようではは体重増加は望めません。

卒乳に関して

子供がおっぱいを欲せず、お乳以外の食事で栄養を取れるようになる自然な離乳が卒乳です。授乳回数が減ることで母乳量も減り、おっぱいが張ることもなく、子供も執拗に欲しなくなった。また、コミュニケーションが取れるようになって子供と話し合い、母乳から卒業するように納得させることも卒乳です。卒乳が最も理想的と言えるでしょう。

断乳に関して

断乳とは子供が授乳を欲するにもかかわらず、母乳を飲ませず、母乳分泌をやめる事です。1歳から2歳の情緒的不安定な時期に母乳を絶たせることは子供にとっても辛い事です。また母親にとってもおっぱいを張らせて痛い思いをしなければならないことがほとんどです。断乳することにより子供が情緒不安定になり育児が大変になることも多々あります。子供の性格など考え慎重に行うことが必要です。 断乳の理由は以下のようなものです。

  1. 授乳によって母体の健康を保つことが難しいため
  2. 子供の健康状態が断乳によって回復する(子供が2歳過ぎても母乳だけで栄養不良に陥っている)
  3. 母親が子供と一緒にいられない。
  4. 母乳育児が何らかの理由で出来ない
  5. 妊娠希望 生理がこない 生理があるが排卵が無い
  6. 乳房緊満状態が強く痛い。

断乳サービスの内容

断乳と決めたらまずは、ホシママに連絡し予約を取って下さい。

断乳するときの注意点

  1. 1日目から子供におっぱいを吸わせない
  2. 食事は高カロリー摂取を避ける
  3. 入浴は避け、シャワー浴だけとする。
  4. 日中緊満状態が強くなったら軽くなるまで絞る
  5. 夜間、就寝前に軽くなるまで絞り、以後絞らず冷やす
  6. およそ3日目、1週間目、3週間目 絞り切る(ホシママがサポート)
  7. 生理中はおっぱいには触らない
  8. 基礎体温を時々はかり、排卵があるか確認

サービス料金

【東京都 豊洲・有明・東雲地区の場合】母乳育児指導 9:00~18:00(出張)
・初診 7,000円
・再診 前回から1週間以内の場合は3,000円 その他5,000円 
・断乳パッケージ:20,000円 3回分の処置および指導
・卒乳パッケージ:初診料 7,000円 その後の処置および指導 1回あたり5,000円
※平日午後6時以降および土日の午後6時まで:上記料金に更に追加で2,000円
※土日午後6時以降:上記料金に更に追加料金3,000円